初めまして!学生投資家のごろうと言います(^▽^)

今日からこのサイトで投資ブログなるものを書くことになりました。
学生初心者投資家である僕が、投資生活を赤裸々に語っていくことになります!

今回は初投稿ということで、自己紹介や投資に興味を持ったきっかけなどを書いていこうと思います。

 

ごろうってどんな人?

 

僕は三重県出身で、現在は都内の大学に通う22歳の男子大学生です。

 

順調に行けば大学4年生のはずですが、いろいろ目移りしたので1年遅れて未だ3年生です。

昨年は一年間休学をして世界一周や海外インターンシップなどをしていました。

 

あとはもう紹介することもないくらい、普通に学校行ったりバイトしています。

今は、もうすぐ始まる就活に恐怖しつつ三年生の夏休みを過ごしています(;▽ ; )インターンとかどうしよう。。。。

 

なぜ投資に興味を持ったか

 

⑴就活したくないから

 

僕、就活したくないんですよね、、、、

本当にしたくないんです。みんな似たような髪型、服装、嘘で塗り固めた面接。

 

僕、大学生なんですけどヒゲが生えててピアスがあいてるんですよ。就活ではどっちもNGじゃないですか。どっちもやめたくないんですよ。本当に。

 

 

そんなしょうもないプライド捨てた方がいいっていう方もいると思うんですけど、僕はそういうことを大事にしたいと思うんです笑

 

 

それでずっと考えてたんです。今年の2月に日本に帰国してから。

 

就活絶対にしたくない。けどどうしようって。

 

そして、その就活への嫌悪感が僕を今、投資の世界へ向かわせました。

 

というのも就活だって、仕事だって何のためにするのでしょう。もちろん様々な理由がありますが、その理由の大きな一つにお金💰があると思います。だってお金もらえなかったら誰も仕事なんてしないですもんね。

 

そんなことを考えていると、大学卒業後、

俺、経済活動としてお金のために働くのに何もお金のこと何も知らないじゃん!ってことに気づいたんですよ。

 

今までの義務教育や、高校、大学の中で、お金について学んだことなんてありませんでした。

お金に無知なのに、お金のために働くってなんだか怖くないですか?正体がわからないもののために働くなんて。

 

日本が資本主義である以上そのお金を稼ぐという経済活動からは絶対に逃れることはできません。

 

お金って僕ら毎日使ってますけどそれについて深く考えることってなかなかないですよね。

 

⑵とある本との出会い

 

そこでお金の事を知りたいと思って読んだ本がこの本でした。

 

 

この本の中で、お金に働かされる人間と、お金を働かせる人間がいるという事を知りました。
気なった人は、ぜひ読んでみてください。資本主義で生きる上でタメになる内容が詰まってると思います。

 

 

そして、この本を読む中で投資と言うものに興味が湧いたのです。

 

 

投資へのイメージ

 

みなさんが投資に持つイメージってなんでしょうか。

 

「リスクがある」「怪しい」「借金背負う」etc…

負の面が多いのではないでしょうか?

 

僕も最初はそんな感じでした。物心ついた頃にリーマンショックとかありましたもんね。「失われた20年」世代ですし。

 

でもそれは投資というもののイメージでそう決めつけてたんです。

うわべだけのイメージに騙され本質を知らないことで、損していることってあるんじゃないでしょうか。

 

 

金なんてなくてもいいじゃないか。貧しくたっていいじゃないか。そう思う人はいると思います。もちろんそれならそれで構いません。

 

 

しかし、幸せはお金で買えません。それでも幸せのためにお金は必要不可欠ではないかと思うのです。

 

もし、社会人になってブラック企業など嫌な企業に入ってしまってもやめれないのはなぜでしょうか。嫌な仕事でもやめられないのはなぜでしょうか。

 

 

それはお金に余裕がないからじゃないでしょうか。

 

 

もし仕事が嫌になっても他の方法で稼ぐことができれば、「まぁやめてもいいや」と思えると思います。

 

お金=幸せではないですけど、幸せを達成するにはお金はなくてはならないものです。

 

例えば自分や自分の大切な人が、金銭面の原因で好きなことができなかったらどうでしょう。

 

それでも幸せといえるのでしょうか。

 

 

やはりそう考えるとお金は絶対にあって損することはないと思います。

 

 

 

それに投資を始めると世の中に敏感になります。                      

 

僕も投資に興味を持ち始めてから、ニュース番組や新聞などに目を通すようになりました。

 

株式市場には社会状況を反映します。

 

例えば今年だと、トランプ政権の不安定さが露呈された時や、朝鮮半島情勢に緊張が生まれた時に株価は大きく下落しました。株式投資をする以上そういったことに敏感になります。

 

投資を通じて日本だけではなく世界のことに詳しくなることもできます。

 

 

こう考えると投資はいいこともたくさんあるのではないでしょうか。

もちろんもっとたくさんメリットがありますし、デメリットももちろんあります。

 

 

 

安全にリスクヘッジを忘れずに投資をすれば、それによる負の部分を減らすことはできると思います。しっかり勉強さえすればリスクは少なく抑えることはできるはずです。

 

おわりに

 

 

というわけで、僕はバイトで必死にためた約30万円を元手に投資を始めます。リスクの大きい信用取引はせずに現物だけで取引をする予定です。

 

次回は実際に口座開設や銘柄選びなどに入っていきますので、乞うご期待!

 

この記事に目を通してくれた方が少しでも投資に興味を持ってくれるように頑張ります\(^^)/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です